世界的なWeb3プロジェクトが登壇する国際カンファレンス「Web3 Tokyo 2023」が12月9日に開催

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

Web3 Tokyo 2022の成功に続き、Web3 Tokyo 2023が12月9日(土)にオンラインで開催されます。今年も、国内外のWeb3領域のリーダー(企業家や投資家など)が一堂に会し、熱い議論を交わします。Web3 Tokyoでは、日本のWeb3環境整備を推進し、国内外のWeb3リーダーの連携を促進しています。

これまでのWeb3技術の応用が急速に進展していますが、各国でのWeb3環境整備も改善されてきました。一方で、日本のWeb3業界では言語の壁や情報の遅れが継続しており、そのためグローバル進出や協創が非常に難しいとされています。Web3 Tokyoの目的の一つとして、これらのギャップを埋めるために、教育を目的としたグローバルカンファレンスを開催しています。

第2回目となるWeb3 Tokyo 2023は、以下の5つの分野に焦点を当てます。

  1. 大手企業のこれからのWeb3戦略
  2. ステーブルコインとトークン化
  3. ベンチャーキャピタルの視点と投資戦略
  4.  Web3とAIの共存と可能性について
  5. DAOの持続可能性とエンドデザインの探求

シルバースポンサー兼メディアパートナーを務めるPacific Metaが運営するPacific Metaマガジンでは、第2回目となるWeb3 Tokyo 2023について開催概要、参加申込、セッション内容をお伝えします。

開催概要

日程:2022年12月9日 (土)
時間13時から18時 (日本時間)
主催:Web3 Tokyo 2023 開催委員会(株式会社N2M、株式会社こころまち、Scalably株式会社、Community Science、O-DE Capital Partners)
SNS (X)https://twitter.com/Web3Tokyo
Website:https://web3tokyo.xyz/conference/2023/jp
※ 全てのセッションは、同時通訳者により、英語と日本語の両方に対応しています。

参加申込

参加申し込みURL:https://web3tokyo.xyz/conference/2023/jp
お申し込み後、試聴リンクをお送りします。また、リアルタイムでご視聴できない方のために、アーカイブ配信を予定しております。
後援 渋谷区
特別登壇  渋谷区 グローバル拠点都市推進室
経済産業省 Web3.0政策推進室
協力 仮想通貨チャンネル / LGG Research /Product Hunter / OffChain Social

セッション紹介

▷ セッション 01 - 大手企業のこれからのWeb3戦略
主要な企業がどのようにブロックチェーン技術を活用しているかについて。技術の利用方法や実装時の重要なポイントについてなど、変化から生じる社会的影響や製品・サービスの成長と品質保証についてもディスカッションされます。

▷ セッション 02 -ステーブルコインとトークン化
金融業界や広範なブロックチェーンの進展におけるステーブルコインとトークン化の重要性に焦点を当て、それに伴う規制や法的変更にも触れます。トークンの生成方法や応用例についても聞きたい内容です。ビジネスにおけるステーブルコインの役割を考えていきます。

▷ セッション 03 - ベンチャーキャピタルの視点と投資戦略
最近ではBlackRockを含む主要なベンチャーキャピタルがAIやブロックチェーン技術への大規模な投資を行っています。この文脈で、成熟したスタートアップだけでなく、早期スタートアップも考慮に入れ、業界におけるイノベーション投資の視点に迫ります。VCの基準や成長支援に提供するサポートについても議論し、日本と世界を股にかけるスピーカーの洞察を紹介していきます。

▷ セッション 04 - Web3とAIの共存と可能性について
Web3とAI技術の互換性や潜在的な協力についてのディスカッション。AIの効率向上やイノベーションのための規制変化についても触れながら、真正性(Authenticity)を確保するためのリスク配慮や展開についても議論して行きます。

▷ セッション 05 - DAOの持続可能性とエンドデザインの探求
これまで分散型自治組織(DAOs)が注目を浴び、様々なプロジェクトがその構築に挑戦しています。ディスカッションを通じて、コミュニティメンバーがDAOに対する認識や組織デザイン、ミッションについてどのように考えているかを探り、その組織の結末やエンドデザインについても議論されます。

▷ 特別講演
【経産省: Web3.0事業環境整備の考え方】
経済産業省からは、現在政府で取り組んでいるWeb3の推進のための環境整備の取組紹介、日本でWeb3 関連のビジネスを展開するメリット等についてお話し頂きます。

【渋谷区: 渋谷区グローバル拠点都市推進室】
渋谷区グローバル拠点都市推進室よりスタートアップ支援及びWeb3企業の推進支援についてどのような取り組みを行なっているかをお伺いします。

スポンサーの募集

Web3 Tokyo 2023では、本カンファレンスをサポートしていただける企業様やプロジェクト様を募集しております。ご興味のある方は、info@web3tokyo.xyzまでご連絡ください。

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら